☆あゆゆうのログ☆

勉強時間短縮!中小企業診断士・最短独学ストレート合格研究所

R3年度中小企業診断士試験、学習時間450時間で独学ストレート合格したメソッドを紹介していきます。

MENU

【事例Ⅲ】60点を安定して取る!フレームワーク・レイヤー・切り口【中小企業診断士試験】

f:id:ayuyou:20220412154615j:plainはてなブログに投稿しました #はてなブログ

あゆゆうです☆

本記事では、中小企業診断士二次試験の事例Ⅲにおける、

「60点を取るためのフレームワーク・レイヤー・切り口」

について紹介します!

 

↓↓↓こちらに中小企業診断士試験関連のブログがまとめられています

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

 

読者様の疑問

 

 

筆者のプロフィール

f:id:ayuyou:20220401193720p:plain

あゆゆう

  • R3年度中小企業診断士試験を、勉強時間450時間で働きながら独学ストレート合格
  • 内訳は一次試験は325時間で突破、二次筆記試験は100時間、口述試験25時間
  • コンサル会社勤務のキャリアウーマン

 

二次試験の成績

f:id:ayuyou:20220331180226p:plain

得点開示内容

二次試験の得点は

事例Ⅰ:51点

事例Ⅱ:70点

事例Ⅲ:66点

事例Ⅳ:69点

となります。

 

おすすめ関連記事

ayuyou.hatenablog.com

 

中小企業診断士試験独学ストレート合格スケジュール

勉強方法

二次試験全体の勉強方法

独学での勉強時間・スケジュール

与件文の読み方・書き方・解答方法

ファイナルペーパーの作り方

事例Ⅰ・フレームワーク・レイヤー・切り口

事例Ⅱ・フレームワーク・レイヤー・切り口

事例Ⅳ・フレームワーク・レイヤー・切り口

過去問解説

事例Ⅰ

事例Ⅱ

事例Ⅲ

事例Ⅳ


得点開示・成績開示

得点開示の方法・内容

 

 

事例Ⅲで問われる内容とは?

 

事例Ⅲのメインテーマは

  • 成長戦略
  • 生産戦略

これらを各設問で問われます。

 

各設問は、おおよそ以下のレイヤーに切り分けられます。

  • 現状分析問題
  • 生産管理に関する問題
  • IT問題
  • 成長戦略

上記4つの問題は、

  • 現状分析問題と成長戦略
  • 生産管理に関する問題とIT問題

に分けられます。

現状分析問題の

強みは成長戦略へ

弱みは生産戦略の課題としてあげます。

 

現状分析問題

レイヤーの特定

設問文で

  • 直接、強みと弱みを問われる
  • 過去のことを問われる(成功体験や失敗体験)

上記のことが書かれていると、

現状分析問題となります。

設問の第1問で出題されやすいです。

 

設問例

R3年度

第1問(配点 20 点)
革製バッグ業界における C 社の⒜強みと⒝弱みを、それぞれ 40 字以内で述べよ。

 

R2年度

第1問(配点 20 点)
C 社の⒜強みと⒝弱みを、それぞれ 40 字以内で述べよ。

 

R元年度

第 1 問(配点 20 点)
顧客企業の生産工場の海外移転などの経営環境にあっても、C 社の業績は維持され
てきた。その理由を 80 字以内で述べよ。

 

コツ

現状分析問題では、

与件文の内容から

  • 強み、弱み、機会、脅威のSWOT
  • 成功体験、失敗体験

を抽出する必要があります。

 

事例Ⅲの場合、

弱みは

明らかに問題として書かれていることが多く、

簡単です。

例えば、

「現場が混乱している」や

「納期遅延が生じている」

など、誰がみても明らかにわかるように

問題点が書かれています。

 

強みに関して言えば、

成功体験に結びついていることが多いです。

例えば、

~により、「受注を拡大した」

など書かれている場合が多く、

~の部分は外してはいけない強みとなります。

 

また、

「生産だけでなく、設計から一括して受注できる生産体制を確立した」

なども、事例Ⅲの特徴で、

解答用紙に書く場合、

短く書くと、「一気通貫生産」としても良いでしょう。

 

強みとしては、

経営資源を意識しましょう。

経営資源の語呂合わせは

「けちのこしぶぎ」です。

け・・・経験

ち・・・知識

の・・・ノウハウ

こ・・・こだわり

し・・・信頼

ぶ・・・ブランド

ぎ・・・技術

 

これらの直後に、

成功体験がある場合は

それが最大の強みである可能性が高いです。

成功体験として抽出しましょう。

 

現状分析時には、

製品と市場について

二つずつ抽出できると良いでしょう。

 

これは、成長戦略の問題を解くときに使えますので

後述とします。

 

生産管理に関する問題

レイヤーの特定

特定は問題文に直接書かれている場合と、

伏せられている場合があります。

直接書かれている場合は「生産管理面での~」

などが書かれています。

 

伏せられている場合は、現場で対応する必要があります。

他には、

第2問で生産計画面、

第3問で生産統制面、

と分けられている場合もあります。

 

設問例

R3年度

第2問(配点 30 点)
バッグメーカーからの受託生産品の製造工程について、効率化を進める上で必要な
⒜課題 2 つを 20 字以内で挙げ、それぞれの⒝対応策を 80 字以内で助言せよ。
第3問(配点 20 点)
C 社社長は、自社ブランド製品の開発強化を検討している。この計画を実現するた
めの製品企画面と生産面の課題を 120 字以内で述べよ。

 

R2年度

C 社の大きな悩みとなっている納期遅延について、以下の設問に答えよ。
(設問 1 )
C 社の営業部門で生じている⒜問題点と⒝その対応策について、それぞれ 60 字
以内で述べよ。
(設問 2 )
C 社の製造部門で生じている⒜問題点と⒝その対応策について、それぞれ 60 字
以内で述べよ。

 

R元年度

第 2 問(配点 20 点)
C 社の成形加工課の成形加工にかかわる作業内容(図 2 )を分析し、作業方法に関す
る問題点とその改善策を 120 字以内で述べよ。
第 3 問(配点 20 点)
C 社の生産計画策定方法と製品在庫数量の推移(図 1 )を分析して、C 社の生産計画
上の問題点とその改善策を 120 字以内で述べよ。

 

コツ

段落毎に、

生産計画の問題点と生産統制面の問題点が書かれている場合と、

段落内に、

分けられて書かれている場合があります。

精読し、

どの問題点を第何問に解答すべきか、

きっちり切り分けていきましょう。

 

生産計画に問題がある場合は、

C社が

計画生産を行っているか、

もしくは、

受注生産を行っているかによって分かれます。

 

前者の場合は、過剰在庫になりがちで、

課題は適正在庫化や在庫の最適化となります。

後者の場合は、納期遅延しがちで、

課題は短納期化となります。

 

計画面での解決策、対応策は。

計画サイクルの短縮と全社での生産計画の作成が

主となります。

与件文では、

「1か月に1回生産計画を作成している」

「ある工程では生産計画を策定し、ある工程では加工者に任せている」

など書かれており、

これに関する対応策を記述します。

 

生産統制の問題では、

  • 段取り替え時間が長い
  • 熟練作業者しか機械を取り扱えない
  • 置き場が決まっていなく、散らかっている

など、こちらも明らかに分かる問題点が与件文に書かれています。

対応策はそれぞれ、

  • 作業時間分析し短縮
  • 標準化、マニュアル化、計画的なOJTの実施
  • 5Sの実施

となります。

問題点と対応策がほとんど決まっているので、

簡単です。

 

IT問題

レイヤーの特定

直接問題文に書かれています。

例えば、

  • IT化
  • コンピュータ化

です。

設問例

R3年度

出題されず

 

R2年度

第3問(配点 20 点)
C 社社長は、納期遅延対策として社内の IT 化を考えている。C 社の IT 活用につ
いて、中小企業診断士としてどのように助言するか、120 字以内で述べよ。

 

R元年度

第 4 問(配点 20 点)
C 社が検討している生産管理のコンピュータ化を進めるために、事前に整備してお
くべき内容を 120 字以内で述べよ。

 

コツ

C社が抱えている問題点を解決するために

IT化を進めます。

生産管理の問題では解決できない問題について記述し、

各設問、書く内容を切り分ける必要があります。

 

IT化のメリットとして、

情報を社内外でリアルタイムに共有し、

生産変動や顧客要求に迅速に対応が可能となり、

リードタイムが短縮されることがあげられます。

 

与件文に書かれている「情報が滞ることによる問題点」

を抽出し、それを解答に書きましょう。

 

対応策の記述としては

DRINKが有効です。

DRINKとは

D・・・データベース化し、

R・・・リアルタイムで共有するため、

I・・・一元管理化をし、

K・・・共有する事

と、DRINKで解答を全て記述することができます。

 

IT化の問題でもう一つ問われる内容は、

ホームページの活用を問われる場合があります。

ホームページの活用は顧客とのコミュニケーションに使われる

可能性が高いので、与件文を良く読み、

成功体験から記述内容を抽出していきましょう。

 

成長戦略の問題

レイヤーの特定

特定は、問題文に将来のことが問われています。

例えば

  • 今後
  • 拡大するために

などです。

また、

最終問題に問われることが多いです。

設問例

R3年度

第4問(配点 30 点)
C 社社長は、直営店事業を展開する上で、自社ブランド製品を熟練職人の手作りで
高級感を出すか、それとも若手職人も含めた分業化と標準化を進めて自社ブランド製
品のアイテム数を増やすか、悩んでいる。
C 社の経営資源を有効に活用し、最大の効果を得るためには、どちらを選び、どの
ように対応するべきか、中小企業診断士として 140 字以内で助言せよ。

 

R2年度

第4問(配点 20 点)
C 社社長は、付加価値の高いモニュメント製品事業の拡大を戦略に位置付けてい
る。モニュメント製品事業の充実、拡大をどのように行うべきか、中小企業診断士
して 120 字以内で助言せよ。

 

R元年度

わが国中小製造業の経営が厳しさを増す中で、C 社が立地環境や経営資源を生かし
て付加価値を高めるための今後の戦略について、中小企業診断士として 120 字以内で
助言せよ。

 

コツ

成長戦略の問題は、

生産戦略と切り離し、

現状分析問題の強みを活かした

内容を記述する必要があります。

 

そのため、

現状分析問題を解き

その次に成長戦略、

最後に生産戦略

という順番に解く方法もありです。

 

記述のコツとしては、

製品面と市場(顧客)面を切り口にすることが王道です。

例えば、

現状は、

製品Aで市場(顧客)①へ

製品Bで市場(顧客)②へ

売上ているとします。

このとき、

製品Bは新製品である場合が多いです。

市場(顧客)②は一部で、ボリュームゾーンは①

の場合が多いです。

 

これを成長戦略では、

製品Aを市場(顧客)②へ、

製品Bを市場(顧客)①へ、

とすることで、

新製品開発戦略と、新市場開拓戦略

とすることができます。

 

 

まとめ

私の、事例Ⅲは

そこまで苦労したことがなく、

与件文に書いてある問題点を抽出し、

それを解決しよう。

解決策は、大体決まっているので決め打ちしよう

と思いながら勉強していました。

 

ぜひ、自分流の仮説を作って、

勉強を進めてみてください。

 

今回の記事は以上になります。

 

 

エイ、エイ、オーーー!!

ガンバリマッシュ!୧(๑•̀⌄•́๑)૭✧

 

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
ブログランキング・にほんブログ村へ