☆あゆゆうのログ☆

勉強時間短縮!中小企業診断士・最短独学ストレート合格研究所

R3年度中小企業診断士試験、学習時間450時間で独学ストレート合格したメソッドを紹介していきます。

MENU

二次試験対策!与件文の読み方と解答手順・コツを解説・中小企業診断士

f:id:ayuyou:20220318112342p:plain

あゆゆうです☆

本記事は、中小企業診断士試験に関する記事です。

 

今回は二次筆記試験の問題の解き方と、R3年度試験に合格した時の問題用紙を公開・解説していきます。

 

 
ポイント
  • 80分で問題を解ききるスケジュールを作成するコト
  • 与件文の読み方、記入ルールを標準化
  • 各事例の実際の問題用紙の公開と解説

 

受験生の悩み

こんな悩みありませんか?

  • 一回解いた過去問は解けるのに、見たこともない過去問は解けない
  • 80分で終わるときもあれば、終わらないときもある

私もそうでした。

中小企業診断士試験の二次試験では、必ず見たことない問題がでてきます。

 

しかし、出る内容については同じものあったり、傾向があったりします。

 

なので、

どんな問題が来ても、55点~65点くらいの解答を80分以内で書ききる自分流の方法を確立すること

が二次試験の勉強である、と私は考えています。

この記事では、私流の解き方を紹介していきます。

 

おすすめ関連記事

ayuyou.hatenablog.com

ayuyou.hatenablog.com

勉強方法

ayuyou.hatenablog.com

ayuyou.hatenablog.com

ayuyou.hatenablog.com

過去問解説

ayuyou.hatenablog.com

ayuyou.hatenablog.com

ayuyou.hatenablog.com

ayuyou.hatenablog.com

得点開示・成績開示

ayuyou.hatenablog.com

 

試験時間の80分のスケジュール

右側に書く分は累計になります。(最後が80分となる。)

①受験番号を記入 

②段落番号と段落間にラインを引く 1分

③1段落と最終段落を読む 3分

④設問を読む、解釈する、解答骨子作成 8分

⑤精読する 30分

⑥設問と与件文の段落を紐づけ 40分

⑦問題を解く、書くことを決める 55分

⑧実際に書く 75分

⑨読み返し 5分

 

実際に書く作業は20分かけるとし、

よし、書き始めるぞというときに残り25分となっていたら、オンスケジュールで。

⑦をしている際中に残り25分となった場合、

⑧を先に進めていきます。

 

このようにスケジュールを作成するメリットは、

実際の試験中に時間をみて、リスケできることだと思います。

リスケすれば、解答を書ききる前に、スケジュールを修正でき、

解答を書ききるもしくは、実力を出し切ることができます。

 

難しくて解けない問題があったら仕方ないけど、難しい問題に時間をかけすぎて、簡単な問題が解けなかったときは、悔いが残りますよね。

 

記入ルール

ラインマーカーの色と記号

ピンク・・・社長の思いや経営課題。外してはいけないところ。かならず与件文に一文はある。

青・・・強み

緑・・・弱み、脅威

オレンジ・・・機会

黄色・・・不明。その他。

 

「しかし」や「~だが」などの逆接の接続詞

▽で囲む。ラインマーカーの色は関係なし。その時もっているマーカーやボールペンで記入。

 

「なお」などのただし書きや、わざわざ表現。

〇で囲む。ラインマーカーの色は関係なし。その時もっているマーカーやボールペンで記入。

 

ボールペンの使い方

読んでる際中に、重要だと思った部分を、与件文の下線に波線を引く。

重要だと思ったが、文章が長かったりしたら、「つまり何が言いたいの?」と問いかけ、抽象化する。

 

段落番号を振る、段落間にラインを引く

与件文は、段落ごとに内容が変わることが多いです。その段落で言いたいことは、段落の第一文目か、最終文章に書かれていることが多いです。

それを強調するために、番号とラインを引きます。

 

解答骨子作成方法

与件文を書いていない状態で解答骨子を作成するので、解答の構成のみを考えます。

解答の構成は並列型と、ピラミッド型があります。

***注意***

型にはめ込みすぎるのは良くないです。設問文の中に型を指定してくることがあります。一番大事なのは、設問文に忠実に答えることです。

 

例:ターゲットを特定し、何を、どのように販売するか、述べよ。

【解答骨子】

ターゲットを~と特定し、製品~を、~のチャネルで販売する事

 

並列型

理由を述べよ、の場合、

【解答骨子】

理由は、①~で、~の為、②~で、~の為、である。

 

助言せよ、の場合

【解答骨子】

社長へ、①~の為、~を図る事、②~の為、~を図る事、と助言する。

~の為は、会社の課題や問題点の解決内容や、効果を書くことが多いです。

 

ピラミッド型

最大の理由を述べよ、の場合。

【解答骨子】

最大の理由は、~の為、である。具体的には、①~の為、②~の為、である。

 

課題と解決策を述べよ、の場合。

【解答骨子】

課題は~である。解決策は、①~する事、②~する事、である。

 

与件文の余白に記入するコト

左側

その段落に書かれている時代を記入します。

 

右側

解答しようとする設問番号を記入します。第一問だったら□1等。

 

設問

設問内に時代が出てきたら、赤いボールペンでぐりぐり囲みます。

2代目、や、~の製品を販売した時等。

時代を外すと全く点数が入りません。

与件文の余白左側に書いた時代と紐づける必要があります。

 

実際の試験で使われた問題用紙と解答手順の解説

下記にリンクを張りますので、読んでみてください☆

 

事例Ⅰ

ayuyou.hatenablog.com

 

事例Ⅱ

ayuyou.hatenablog.com

 

事例Ⅲ

ayuyou.hatenablog.com

 

事例Ⅳ

ayuyou.hatenablog.com

 

今回の記事は以上です!

 

エイ、エイ、オーーー!!

ガンバリマッシュ!୧(๑•̀⌄•́๑)૭✧

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
ブログランキング・にほんブログ村へ